アディーレ法律事務所で債務整理を依頼した人が「詐欺被害を受けた」と報告

今回は暗号通貨以外のすきゃんだる♡がツイッターから飛び込んできました。ざっくりと内容を説明すると「アディーレに詐欺られた(かも)!」というもの。ただし、ツイッターのあるユーザーが匿名で発信している情報を取り上げたまでですので、真偽の程は不明です。しかし、今後反響も大きそうですので取り上げていきたいと思います。

それでは今日も元気に、れっつ☆すきゃんだる♡

 

この番組はご覧のスポンサーの提供でお送りします。

スポンサーリンク


 

アディーレ法律事務所に詐欺られた!?

2017年10月11日に景品表示法違反にあたるとして業務停止措置を受けたアディーレ法律事務所。「過払い金」のCMなどでも有名な事務所ですよね。そんなアディーレ法律事務所に「騙されたのかもしれない」と、自身の債務整理をアディーレ法律事務所に依頼していた「アディーレ法律事務所被害者の会さん」がツイッターで事の一部始終を打ち明けています。

 

アディーレ法律事務所に債務整理を依頼

以下、ツイッターの引用をしながら問題となっている点の流れを確認していきます。

アディーレ法律事務所に債務整理を依頼

アディーレ法律事務所に債務整理を依頼し、平成23年から6年ほどかけて同事務所に弁済金を支払っていたというこのツイッターユーザー。アディーレ法律事務所が業務停止措置を受けていたことから、完済目前であった2017年10月分の支払いは自分で直接カード会社に振り込もうと確認を行ったとのこと。

 

「完済できる」と思っていたのだが……

しかしその際に、クレジットカード会社への弁済金が35,000×5年分も残っていることが発覚したそうです。

 

電話で説明を求めるも、保留後に通話を切られる


自分は「返している」と思い込んでいた毎月の支払いがまだ数年分も残っていたことに、この方は驚いたのでしょう。35,000円が5年とのことですので、約200万円分ほどの支払いが残っていたという計算でしょうか。

さらに、この件に対して説明を受けようと同事務所に電話をかけたところ電話を切られるという対応を受けたとのことで、そのことに関しても不満・不安がつづられています。以下一部抜粋しますが、全てご覧になりたい方はアディーレ法律事務所被害者の会さんのツイッターでつぶやきをご確認下さい。

 

カード会社からの問い合わせなどは無かったのか

当事者の主張を見た上で、債権者である「カード会社」からの督促などは無かったのかと気になる人もいるかもしれませんが、法律事務所を介しての個人再生や任意整理などの場合は、債権者からの督促も原則行われないようになります。ただし、5年間ほとんど支払いがされない状態で放置されていたのかどうか、その点については大きな疑問が残ります。

この方が語っているのは、「自分では法律事務所を通して弁済金を支払い、借金を返し終わったと思っていたのに、数百万円の借金がまだ残っていることが発覚した」というケースです。事務処理的なミスなのか、あるいは債務整理を利用して意図的に行われた詐欺的な事例なのかなど、まだまだ不明で気になる点は多くありますが、もしこのようなケースが他にもあるとすれば、今後も大きな物議を醸すことになりそうです。

すきゃむ☆すきゃんだる編集部では現在、類似のケースなどが無いか調査を行っております。もし情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、タレコミフォームよりご連絡いただけますと大変幸いです。